花井悠希
花井悠希
花井悠希(ヴァイオリニスト)
3歳よりヴァイオリンを始める。
第15回三重音楽コンクール大学・一般の部第1位。
2010年4月、王子ホール(東京)でデビューリサイタル。同月、日本コロムビアより「主人公〜さだまさしクラシックス」「光の風〜ヴァイオリン・クラシックス」の2タイトルのCD同時リリースでデビュー。同年11月には、クラシカル・ユニット「1966カルテット」のメンバーとしてビートルズナンバーをカヴァーしたアルバム「ノルウェーの森 〜ザ・ビートルズ・クラシックス」をリリース。最新アルバムは2011年3月2日リリース「譚詩曲-11 stories on Violin」。初のフォトブック「ばよりん彼女 花井悠希フォトブック」が発売される等、今後の活躍が期待されている演奏家の1人である。
これまでに、ヴァイオリンを植村祐子、小林健次氏に、現在、大谷康子、嶋田慶子、菅沼ゆづき各氏に師事。ヴィオラを百武由紀氏に、室内楽を百武由紀、齋藤真知亜、苅田雅治各氏に師事。